資格勉強ができる

リハビリ専門学校は勉強する内容にもよりますが、卒業と同時に国家資格受験資格を取得できる学校がほとんどです。理学療法士、作業療法士、鍼灸師などは卒業と同時に国家資格の受験資格を取得するため在学中から定期試験に国家資格出題率の高い問題を出したり、模試を実施したり夏期講習を実施して卒業後の国家資格に備えている専門学校がほとんどなので安心できます。専門学校は支援も手厚くできています。

ただ、大学や短期大学は自分たちで学問を研究することが主体の教育機関のため、専門学校のように教員が手取り足取りマンツーマンで指導してくれる訳ではありません。大学でも専門学校でも、どちらもリハビリ資格の勉強はできますが充実した手厚いサポートを必要とする場合は専門学校をおすすめします。

リハビリ資格でも医療事務や秘書系の分野でしたら民間資格なので、専門学校でそのような学科を配置していれば授業として試験対策を行ってくれると思います。大学や短期大学でしたらセミナーに参加したり自己流で学習して資格を所得する方向になるかと思います。大学と専門学校は「教育の在り方」自体が異なるため(大学は自分で学問を研究をする教育機関)、資格勉強で手厚いサポートを必要とする場合は専門学校をおすすめします。